歯が抜けてもそのままにしないでください

事故やお口の病気で歯を失ったら、すぐに歯を補う補綴(ほてつ)治療を行う必要があります。ブラッシングがそれまでのようにうまくできなくなり、虫歯や歯周病になる危険性が高まるためです。また、歯が抜けてできた空間に周辺の歯が倒れこんだり、噛み合う歯が伸びてきたりすることで歯列が乱れてしまうことがあります。さらに、しっかり噛めないことから顎や首の筋肉や全身の筋肉のバランスが崩れ、顎関節症や頭痛・肩こり、自律神経失調症などの不調を招きかねません。

つまり、たった1本の歯が抜けたのを放置することが、他の健康な歯を失わせたり、全身の健康を損ねたりするのです。歯を失ったらできるだけお早めに当院へご相談ください。患者さんにとって最善の補綴治療をご提案いたします。

インプラント・入れ歯・ブリッジの違い

現在、補綴(ほてつ)治療は、インプラント、ブリッジ、入れ歯の3つの治療法があり、患者さんに合ったものをお選びいただくことができます。

インプラント ブリッジ 入れ歯
歯を失った部分の顎の骨に、チタン製の人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上部に美しい人工歯を装着する治療法。骨とチタンがしっかり結びつくので、自分の歯で噛むような感覚がよみがえる。自費のみで手術が必要。1本からの治療可。 歯を失った部分の両隣の歯に橋をかけるように、連結した人工歯を渡す治療法。失った歯が1~2本の場合に治療が可能。健康な両隣の歯を大きく削って支えとするため負担となりやすい。保険を適用できる場合もある。 歴史ある取り外し可能な治療法。部分入れ歯と総入れ歯がある。治療は歯型を採るだけ。保険適用では使える材質に限りがあるが、自費でつくる入れ歯なら、豊富な選択肢の中から自分に合ったものをつくることができる。

メリット

  • 自分の歯のような感覚が手に入る
  • 見た目が美しい
  • 1本~何本でも対応可能

デメリット

  • 保険が適用しない
  • 手術が必要

メリット

  • 見た目が自然
  • 違和感が少ない
  • 素材によっては保険適用可
     

デメリット

  • 健康な歯を大きく削る
  • 支えとする歯を将来失う可能性がある
  • 多くの歯を失った場合は行えない

メリット

  • 歯型を採取するだけと、患者への負担が小さい
  • 保険適用で安価につくれる
  • あらゆる症例に対応可能

デメリット

  • 慣れるまで違和感がある
  • 噛む力が十分に回復しない

※治療費のお支払いに関しては各種クレジットカードをご利用できます

ケアを怠らないことがお口の寿命を長持ちする秘訣です

補綴治療を行った後はしっかりとケア・メンテナンスを続ける必要があります。メンテナンスを怠ると、どんなに時間とお金をかけた治療であっても再び歯を失ってしまうことがあるのです。

特に、インプラント治療を選ばれた場合は、定期検診の受診が欠かせません。天然歯に存在する「歯根膜」を失った歯や歯周組織は感覚に乏しくなっているため、インプラント特有の歯周病にも似た病気「インプラント周囲炎」を引き起こす可能性があるからです。そうなると、せっかくのインプラントが脱落してしまうこともあります。

当院では、日々のセルフケアに加えて、歯科医院でのプロケアを受けることをおすすめしています。毎日のブラッシングはもとより、お口のトラブルが何も感じられなくてもできるだけ定期的に歯科医院を受診し、異変がないかしっかりチェックしてもらうようにしましょう。

プロの技でスッキリ爽快~クリーニング~

Page Top